日経225先物取引は、約定値段の1000倍に取引数量を乗じた金額で取引を行っています。つまり、決められた「証拠金」を証券会社に預けることで、その数十倍の金額で取引を行う事が出来るのです。この場合、当たり前ですが利益が出た場合には、遥かに大きなリターンを得る事が出来ます。けれど、反対に損失が発生した場合は、証拠金以上の損失になってしまうケースもよくあるのです。証拠金以上の損失を出した場合には、追加で証券会社に証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)金を差し入れなければなりませんし、強制的に損失を抱えた状態で建玉を決済させられてしまう場合もあるみたいです。必要な証拠金計算も、各証券会社によっても異なりますし、計算の値もその都度変更になりますので、自分できちんと計算出来るようになる事が大切です。日経225先物取引を始める前には、リターンも大きいけれど、それだけ、リスクも大きな商品だと言う点を十分に理解しておいてください。また、日経225先物取引は投資商品ですので、もちろん、元本や利益が保証されている訳ではありません。「投資商品(多種多様なものがあり、人それぞれ向き不向きがあるといわれています)は儲かる」等と言った甘い言葉に惑わされ、先物取引の仕組みを理解しないままに取引を開始しないようにしましょう。日経225先物取引の決済では、満期日まで待たずに反対売買によって利益や損失を確定する事が出来ます。株取引を行っていた方はイメージが沸かないかもしれませんが、買いからでも売りからでも、どちらからでも入る事ができますので、それにも慣れるようにしてくださいねー